老け顔と言わせない若メイクをビーグレンでの仕方

老け顔なんて言わせない!若メイクの仕方

 

 

老け顔なんて言わせない!若メイクの仕方をご紹介します!!

 

⇒若メイクはこれで作れます♪

 

 

テレビや雑誌の特集でもよくありますが、女性はメイク次第で劇的な変身ができちゃうんですよね!メイク次第で、若く見られたり、逆に老けてみられてしまうこともあるんです。よく老け顔に見られちゃう?なんてひとは、もしかしたら今のメイクが原因なのかも?!

 

老け顔に見られてしまうポイントは、3つ
・顔のくすみ
・ほうれい線
・目元

 

なんです。
この3点を抑えれば、老け顔なんて言わせない若メイクで実年齢よりも若く見せることができます♪
とても簡単、ポイントを抑えるだけなので、ぜひ参考にしてみてくださいね〜

 

くすみ肌対策

顔がくすんでいると、それだけで疲れているような老けているような印象になってしまいますよね・・。

 

くすみの原因には、紫外線の影響、毛穴などの汚れの蓄積、血行不良、乾燥などが考えられます。できてしまったくすみを隠すために厚化粧になってしまっている方をよくみかけます。多少くすみ感をカバーできますが、老け顔になってしまう原因にもなっているんです。

 

では、正しいくすみ肌対策とはどうすればよいのでしょうか?
若メイクの基本くすみ肌を解消するには、健康的な肌に見えるようにくすみを取ってあげることです。それには、お肌の長年蓄積された汚れを取り除き、血行不良を解消し、ハリをよみがえらせてあげることが大切。肌に不要な汚れだけを取り除き、化粧水を肌の内部にまで浸透させて肌細胞に働きかけてあげることがとても大切なんです。つまり日々のスキンケアでくすみが解消できるということ!
きちんと肌整った上で、若メイクを施すと完璧ですよ〜。

 

⇒くすみ対策はこちら♪

 

若メイクのポイントは、ファンデーションなどは少量をよくのばして肌に密着させます。あくまで“薄く”塗っていくことが重要です。厚塗りになったりパウダーでマットに仕上げてしまうと逆に老けて見えてしまうので気をつけてくださいね!

 

 

ほうれい線対策

ほうれい線は老け顔の代名詞です。
ほうれい線って夕方になると濃くなってくる気がしませんか?なぜかというと、肌が乾燥してきてしまうからです。若メイクのほうれい線対策は、まず保湿をしっかりとすることです!また、たるみもほうれい線を加速させてしまうんだとか。若メイクのほうれい線対策には、ぜひたるみに効く保湿剤を使用するのがおすすめです!

 

⇒ほうれい線対策はこちら♪

 

若メイクのポイントは、ほうれい線のできる口元や小鼻の脇にしっかり密着させ厚ぼったくならないようにしましょう。明るい色で光を反射させ目立ちにくくするのがポイントです!

 

 

目元対策

人は目を見て話をするので、目元の印象が全体の雰囲気を作ってしまうことがあります。なのに、年齢が出やすいのも目元です。老け顔なんて言わせない若メイクの仕方は、目元を乾燥を防いで小じわを目立たなくすることが重要!小じわがある目元よりもハリがある目元を目指して老け顔なんて言わせないようにしましょうね。

 

⇒目元対策はこちら♪

 

老け顔なんて言わせない!若メイクの仕方は、目元の部分にコンシーラーを使って明るくしておくのがよいでしょう。まぶたの上は水分が多く柔らかめのコンシーラーがおすすめですよ〜。

 

 

また、上記以外にも
◎メリハリのない無難メイク
◎若すぎるイマドキメイク
◎若い時にしていたそのまんまメイク
など、逆に老けてみえてしまうNGメイクがあります。若メイクを目指すのならば、今自分の年齢にあったメイクからはじめてみましょう。